お電話でご相談[11:00〜20:00]
Tel.0120-985-071

Anniversary Column

演出アイデア

真っ赤のバラの花束を持ってプロポーズ!
映画やドラマでよくあるシチュエーションですよね?

実は、女性なら1度は憧れるシチュエーションの一つだと知っていましたか?

男性には1度は読んでいただきたいことをまとめてみました!

なぜ女性はバラのプロポーズに憧れるのでしょうか。
男性・女性それぞれの憧れポイントや、やってよかったと思うポイントをまとめてみました!

女性の憧れポイント

・大好きな人が一生懸命考えてくれたことがうれしい!
・花束をもらったことがないから
・普段の生活ではないことだから(非現実的!)など…

男性がやってよかったと思ったポイント

・凝った演出が苦手でも、ロマンティックな雰囲気を作ることができる
・普段直接言葉で伝えるのが苦手でもお花の数や色でしっかり想いを伝えることができる
・女性の憧れを叶えてあげられる!

本数の意味合い

またバラは本数によってもそれぞれ意味が違います。
もちろん!ロマンチックな雰囲気の作り方がわからなくても大丈夫。
伝えたい想いにあわせて本数をチョイスして普段言葉に出来ない気持ちを伝えてみませんか?
それぞれの本数にこめられている意味についてもお話していこうと思います!

⋆1本 「一目ぼれ」「あなたしかいません」
⋆2本 「この世界には二人だけ」
⋆3本 「愛してる」「告白」
⋆4本 「死ぬまで愛の気持ちは変わらりません」
⋆5本 「あなたに出会えたことが本当に嬉しいです」
バラは1本からでも意味があるんですね!

これだと少しすくないなと感じる方にはこんな本数もオススメ!
⋆9本 「いつも一緒にいてほしい」「いつもあなたを想っている」
⋆11本 「私の宝物」「最愛」
⋆12本 「付き合ってください」

また12本のバラは「ダーズンローズ」と言われ、1本1本の花には「愛情」「情熱」「感謝」「希望」「幸福」「永遠」「尊敬」「努力」「栄光」「誠実」「信頼」「真実」というそれぞれ意味があります。
結婚式のセレモニーに使われることも多いんです♡

いやいやそんなんじゃ足りないよ!と言う方には・・・
⋆33本 「3回生まれ変わってもあなたを愛します」
⋆40本 「真実の愛」
⋆99本 「永遠の愛」「ずっと好きでした」
⋆100本 「100%愛」


いかがでしょうか?
渡した後に「実はこんな意味があるんだ」と伝えるだけでもグッとロマンチックになりますね。

でもやっぱり男らしくハッキリとストレートに!と言う方におすすめなのは・・・
・108本 「結婚してください!」

そしてあなたの思いを伝えてください!
もちろん、何本でもあなたの気持ちは伝わっているはず。
ちなみに本数だけではなく色によっても意味が違いますので、ぜひ皆様もバラの本数や色で表現してみてはいかがでしょうか。

素敵なプロポーズになりますように♡

記事を書いた人

&コンシェルジュ / 編集部

何気ない日常の中にある特別なヒトトキや、人生の中で最も輝くヒトトキを、楽しく幸せに過ごしていただけるように願いを込めて、知っているとお得な情報や、ためになるノウハウをお届けしていきます。

演出アイデア