お電話でご相談[11:00〜20:00]
Tel.0120-985-071

Anniversary Column

結婚式のススメ

新しく家族になる。
親戚になる。
打ち解ける一番手っ取り早い方法。

新しい家族のはじまり。

結婚とは、「社会的経済的結合で、その間に生まれた子が摘出子として認められる存在」とあります。
なんだか難しいですが、私が、「一緒にごはんを食べる家族になること」だと思っています。
そうなると、「私たち家族になりました!」というなんらかのお知らせが必要となり、そのために結婚披露宴があります。
ご家族、ご親族、ご友人など、今までお世話になった方へは、SNSや風の噂ではなく、ぜひおふたりから直接ご報告していただきたい。
これから家族として一緒に歩んでいく・・・という姿をぜひ皆様にみせていただきたい。
そして、皆様に「おめでとう」を直接言うタイミングをつくっていただきたいと思います。

ご両家ご親族のご親睦。

家族になるということは、それぞれのご家族同士が親戚になる・・・ということです。
ということは、それぞれのご親戚も繋がっていく・・・ということです。
ご両親以外、結婚式でもないと、先方のご親族とお顔を合わせる機会ははなかなかないでしょう。
例え1回でも、結婚式で一緒に写真におさまったり、お食事をしたり、顔を見てご挨拶したりすると、ぐっと親睦は深まるものです。
おふたりのしらないうちに、それぞれの親戚のおじさんたちが勝手に仲良くなってた・・・なんて話も聞きますよね。

また、結婚式をする・・・となれば、普段なかなか顔を合わせることの無い親戚が久しぶりに顔を合わせるチャンスになります。
赤ちゃんだったいとこがすっかり大きくなっていてびっくり・・・なんていうのも、結婚式の楽しいあるあるです。

結婚式をするのが一番手っ取り早い。

結婚式をしていないと、あらためてご挨拶が必要だったり、お知らせやご報告の方法を考えなければいけなかったり、ご報告が漏れていて、無礼な感じになってしまったり・・・と逆に面倒だったりしますが、結婚式をすると、それらが全てhappyに解決します。
結婚式はみんなの楽しい想い出になり、その想い出を共有することが、新しい親戚づきあいの第一歩となります。

記事を書いた人

越前 亜由子 / &コンシェルジュ

長年ウェディング業界でたくさんのカップルに寄り添い、たくさんの結婚式に携わってきた経験から、「やっぱり結婚式はした方がいい」が信条。様々な要望に応えてきたノウハウを生かし、お祝い事全般、「ハレの日のお手伝い」をするアニバーサリーのコンシェルジュ。

結婚式のススメ